ホーム > お仕事をお探しの方(個人向け)



あなたの社名の名乗り方で会社のイメージが左右されます。
相手の顔が見えない分、笑顔で感じよく対応する事が大事です。

<受け方>
1.電話のベルが鳴ったら1回で出る
3回以上鳴らしてしまったら「お待たせしました。申し訳ございません。」などお詫びの気持ちを
伝えましょう。
2.社名を名乗る
<ポイント>
・明るくー姿勢を正しく笑顔で
・ゆっくりー会話のテンポよりゆっくり
・はっきりー口の型をきちんと開けて
・丁寧にー大切な気持ちで
・語尾を上げたり下げたりしない

3.相手を確認する

4.はじめの挨拶をする
「○○会社の○○様、いつもお世話になっております。」
※名乗らない場合には、こちらから確認をします。
「恐れ入りますが、どちら様でしょうか」
「恐れ入りますが、お名前頂戴できますか}

5.取次場合
 イ)担当者が席にいる場合
「只今、○○にかわりますのでお待ちくださいませ」

ロ)担当者が席にいない場合
「申し訳ございません、○○は只今席を外しております。
 戻りましたら折り返しお電話差し上げましょうか?」
(会議中の場合は、メモを渡し連絡をします)

ハ)外出している場合
「申し訳ございません。○○は只今外出しております。
 ○時の帰社予定ですので、戻りましたら折り返しお電話差し上げましょうか?」
・相手の連絡先を聞きます。
「恐れ入りますが、念のためお電話番号いただけますか?」

ニ)担当者が不在、用件を聞く場合
「申し訳ございません、○○が外出しております。宜しければ私が代わって用件を承りましょうか?」
「かしこまりました。お願い致します」
「復唱させて頂きます。○○△△でよろしいですね。
 私××が承りました。お電話ありがとうございました。」

6.終わりの挨拶
「ありがとうございました」「失礼致します」
受話器は相手が切ってから静かに置く

<掛け方>
1.準備をする
・相手の会社名、役職名、氏名、電話番号を確かめる
・資料、書類を手元にそろえる
・話す内容を順番にメモししておく

2.社名・個人名を名乗る・初めの挨拶をする
「○○会社の○○と申します。いつもお世話様でございます」
3.相手の確認
用件を伝えたい本人かを確かめてからもう一度挨拶をする。
「○○課の○○様でいらっしゃいますか。いつもお世話になっております。」

4.用件を話す
・相手が忙しそうな時は都合を聞く
「今お話しをして宜しいでしょうか」
「2~3分宜しいでしょうか」
・分かりやすい言葉ではなす
「明日・明後日」聞き間違いやすいので「○月○日 ○曜日」と具体的な日にちを言う
また午後1時と7時「イチ・シチ」は間違いやすいので ナナ時 或いは 19時 と分かりやすくしましょう。

5.相手に理解されたか大切な点は繰り返す

6.終わりの挨拶
「ありがとうございました」
「宜しくお願いいたします」
「失礼いたします」
お時間をありがとうございましたの感謝の気持ちをこめて受話器を静かに置く



ビジネスマナー講座