ホーム > お仕事をお探しの方(個人向け)

「テレフォンオペレーター」とは?


テレフォンオペレーターとは、案内電話をかける「発信業務」とお客様からの質問に答える「受信業務」の二つに分かれております。
直接相手の顔を見る事が出来ないため、言葉使いや発声、お客様のニーズを正確に引き出し的確に回答出来るヒアリング力が必要となります。
業務を通して必然的にヒューマンスキルアップが図れるお仕事と言えます。

主な仕事内容

派遣先によって業務内容は変わってきますが、「発信業務」はお客様への商品紹介や宣伝などといった、営業促進的な業務が主です。
また、「受信業務」では商品の注文や取扱い方法に対する問合せ、またはクレーム対応など、既存顧客に対する満足度の向上を目的とした業務が主となります。
その他、専用システムへの入力業務・報告書作成など簡単な事務的お仕事も含まれる場合があります。

求められるスキル

パソコンの基本操作は必須です。特に電話応対しながら入力するケースが多いので、ブラインドタッチが出来るとベスト。
また、電話応対の基本でもある言葉遣いやコミュニケーション力も必要となります。

あると便利な資格

特に資格などは必要ありませんが、基本的なパソコン操作や企業先の業界知識があると良いでしょう。

テレフォンオペレーターの特徴

テレフォンオペレーターは、比較的事前に研修制度がある場合が多いので、未経験者でもしっかり一から学びスタートできる事が最大のメリットです。
また、たいていの場合はマニュアルが用意されておりますので、詳しい専門知識がなくても対応可能な場合がほとんどです。
業界問わず需要は幅広いので、募集が多い職種であることもうれしいポイントです。
更にシフト制の派遣先も多く、Wワークや扶養控除内勤務など自分の都合に合わせて働き方を選べるケースも魅力的です。